FC2ブログ

北朝鮮への先制攻撃リスクが高まる 

トランプ大統領は、米国の学校で銃による大量殺人に対して、学校の教師を銃で武装させることを提案した。学校が、まさに戦場のようになるわけだ。トランプには、力には、その力以上で対処するという論理しかない。

その彼が、核戦争開始ボタンを握っている。そして、北朝鮮に対する先制攻撃の機会を見出そうとしている。安倍首相は、トランプ政権による武力行使に否を言わない。むしろ、積極的に米国の戦略に加担している。

以前に掲載したかもしれないが、ジョンスホプキンス大学の研究チームが行った、核戦争になった際の、韓国とわが国の被害の想定の論文がある。こちら。東京が核攻撃されると、少なくとも数十万多ければ200万人以上の死者が出ることが想定されている。

我が国でも防衛省が、同じシミュレーションをしているはずだが、公表しない。

安倍首相は、北朝鮮への先制攻撃をも考えているようだが、先制攻撃によってすべての核兵器を破壊できるわけではない。むしろ、移動発射装置等で隠されており、すぐに反撃される可能性が高い。ミサイル防衛網はわが国すべてをカバーしているわけではなく、その防御能力にも疑問符がつく(先日、最新型SM3がミサイル攻撃に失敗したことが報じられた)。一度に数十発のミサイル攻撃を受けた場合は、対処できなくなる。それでも、先制攻撃を仕掛けるとしたら、理性を欠くとしか言いようがない。

韓国の大統領は、北朝鮮に融和的過ぎると非難されているが、自国を核攻撃させぬこと、同民族同士の殺し合いを避けることを第一に考えて、理性的な対応をしている。

だが、オリンピックが終わると、米韓軍事演習が行われる可能性が高い。危機はますます深まる。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/5856-35a1032a