FC2ブログ

David Gordonからの贈り物 

昨日夕方、買い物を終えて帰宅すると、テーブルの上に米国からの小包が載っていた。差出人はDavid Gordon・・・はて誰だったろうかと思いつつ、小包を開けた。開けながら、あぁ、「Carmel Impresarios」の著者の方だと思いだした。以前のポストに記した通り、同書の校正一覧を送ったところ、とても喜んで下さり、彼の新刊の著作を送ると言ってくださった方だ。もう一月以上経つので、半分忘れかけていたが、約束通り彼の新刊「The Little Bach Book」を郵送してくださったのだ。

タイトルページのところに、彼がacknowledgementを記してくださっていた。

In a shared love of the music of J.S.Bach
and with deep gratitude for reading "Carmel Impresarios"

David
Oregon USA
Feb 2018

彼がこの本を献呈した四人の指揮者の名が記されていた。彼らが演奏会にソリストとして招待して下さらなかったら、現在のようにバッハを知ることはなかっただろう、という言葉とともに。その四名の指揮者の最後に、Helmut Rillingの名があった。とても驚いた・・・しかし、Carmel Bach音楽祭に、Rillingが最近まで定期的に指揮に訪れていたことからして、Gordonとの接点があっても不思議ではない。Gordonは、Rillingに認められるほどの実力を持つテノール歌手だったわけだ・・・。

早速、彼にお礼のメールを差し上げた。無事著書を受け取ったこと。そして、献呈者のなかにRillingの名を見つけて驚いたこと。(以前のポストに記した通り)Rillingがシュトットガルトバッハアンサンブルを率いて東京でマタイを演奏し、その演奏会を聴いたことによりマタイへの私の傾倒が始まったことを記した。1970年代半ばのことだった。私は単に聴衆の一人にすぎなかったが、それでもお二人との不思議な縁を感じざるをえない、とも記した。 彼が、Rilling等の引き立てにより、バッハ音楽デビューする数年前のことだった。

さらに、最近、高名なバッハ研究者である礒山教授が急逝されたこと。多くのバッハ愛好家が悲しみに暮れていることも記した。Gordonの著作は、私のバッハライブラリー(と言えるほど立派なものではないが)の一つとして、礒山教授の著作と同じ本棚に並べられることも・・・。

バッハが取り持つ不思議な縁だ。そして、異国の一読者への約束を忠実に守ってくださったGordonに、感銘を受け、感謝するばかりである。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/5871-46fb98e3