FC2ブログ

twitter社、botを禁止 

トランプ大統領が当選した大統領選では、facebookでこのfake newsの広がりを目の当たりにした。

安倍首相も、ネットを利用して、fake newsを流し続けている。

この時代を後で回顧するときに、fake newsの時代であった、ということになるのかもしれない。

fake newsに惑わせられないこと、また知らず知らずのうちにfake newsを流す側にならないことを肝に銘じる必要がある。fake newsは早く伝搬するかもしれないが、それはあぶくのようにすぐ消えてゆく。

botをtwitterが禁止したのは良いことだ。

以下、引用~~~

偽ニュース、「真実よりも早く拡散」 ツイッターの投稿分析 米大学チーム発表
2018年3月9日05時00分

ツイッター社は2月、偽ニュース拡散を防ぐ対策として、「ボット」と呼ばれる自動投稿プログラムなどを使い、同じ内容で大量に投稿する行為を禁止すると発表した

 偽ニュース(フェイクニュース)はネット上で正しい情報よりも早く、多くの人に伝わってしまうという調査結果を、米マサチューセッツ工科大学のチームが9日付の米科学誌サイエンスに発表する。ツイッター上で450万回以上投稿されたもとの情報を分析した結果、偽ニュースがリツイート(再投稿)される可能性は正しいニュースに比べて70%高いという。

 ツイッター社の協力を得て、2006~17年に約300万人が計450万回以上を投稿した、もとの12万本余りの情報の広がり方を、人工知能(AI)などで調べた。報道や政治家の発言を事実かどうか評価する「ファクトチェック」をする6団体の情報に基づき、「真実であるかのように偽られたニュース」「事実であるかのように述べられた個人の意見」を偽ニュースとした。調べた投稿は、東京電力福島第一原発事故のうわさなど例外もあるが、ほぼ英語という。

 その結果、偽ニュースは正しいニュースに比べ、拡散数や速度が大きく、例えば、正しいニュースが1500人に届くには、偽ニュースの約6倍の時間がかかっていた。最も広がりやすいのは政治に関する偽ニュースだった。広がり方は、ツイッター利用者のフォロワー(読者)数などで説明がつかず、人が目新しく、驚くような情報に引き付けられることが原因と考えられるという。

 トランプ氏が当選した16年の米大統領選でツイッターは偽ニュースであふれ、ロシアの米世論分断工作に利用されたとされる。(小堀龍之)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/5919-c4e62eed