FC2ブログ

安倍首相の外交能力の乏しさ 

安倍首相は、北朝鮮と「対話のための対話」をするのは無意味だ、(軍事的)圧力を加えるのみ、と言い続け、平昌オリンピックに乗り込み、文大統領に米韓軍事演習を実施するように迫った。

それを内政干渉だと文大統領に一蹴された。

平昌オリンピックをきっかけに、南北対話が始まり、米朝対話も行われることになった。露・中他の国々も、この対話開始を歓迎している。

我が国の外相等は、まだ圧力を加え続けることを主張し、対話に懐疑的だ。

北朝鮮が、一筋縄で行く相手ではないことは過去の経緯からも分かっている。だが、米朝開戦は、東アジア地域の悪夢になる。韓国・日本に数百万の犠牲者をもたらす。崩壊した北朝鮮の立て直しを周辺国が負わなければならなくなる。それはとても負いきれる負担ではない。この確実な予測を考えれば、対話の開始はもろ手を挙げて喜ぶべきことなのだ。

安倍首相は、米朝間の交渉について全く蚊帳の外に置かれた。外相を慌てて米国に派遣し、本人も4月に訪米する。安倍首相には外交の能力とセンスがない。

ティラーソン国務長官も、「対話のための対話」を行うべきだ、と述べている。twitterから引用~~~

@NBCNews

"We have to have talks about talks."

Rex Tillerson says North Korea is sending "potentially positive signals" during remarks in Ethiopia.

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/5924-4521596d