FC2ブログ

三権分立を破壊した安倍政権 

安倍第二次政権は、2014年5月30日、内閣人事局を立ち上げた。官僚の審議官以上のポストの人事を、菅官房長官等、官邸がすべて決めた。2016年は、最終的に670名の官僚を、各々のポストに菅官房長官と安倍首相が指名した。

これ以降、官僚は、官邸の方だけを向いて仕事をすることとなった。

近畿財務局で公文書偽造を実際に命じられ、その後自死した方は、遺書の中で、その犯罪行為を命じた上司の名を記し非難していたという。官邸の指示を実行し、官邸の意向を忖度する行政機構。その歪は最終的に末端の行政官が負うことになった。

小選挙区制の候補者選定を党、すなわち党首が一手に握り、政治家も党、党首の意向だけに従うようになった。自民党は、それに倣い行政を支配した。その行政には、警察・司法も含まれる。司法・行政・立法すべてが、官邸、安倍首相によってコントロールされるシステムが成立した。

人間の弱さに付けこみ権力を握ろうとする、こうした現政権のやり方は決して許されない。

寺脇健氏のfacebookポストを引用~~~

財務省内で佐川局長(当時)から改竄を命じられた時点で誰かがマスコミにリークしていたら、近畿財務局職員の命が失われずに済んだのに…
また、こんなとんでもない犯罪的行為を命じられて、ダメなものはダメと上司に直言できなかったのかなあ。
霞ヶ関で「三流官庁」と揶揄されるわが文部科学省だけど、加計問題で上層部に「できません」とかなり頑強に抵抗したキャリアがいたというし、文書を世に出した複数の職員もいた。
昨日文部科学省内の職員から個人的なメールが来た。「佐川の部下でなく前川さんの部下でよかった」と。
文部科学省のそこに、救いを感じます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/5931-69d6504f