FC2ブログ

新しいサイクルへの期待 

そろそろ秋の気配が、7メガでも感じられるようになってきた。微弱な信号自体が浮かび上がってくることは少ないが、ノイズレベルが低くなってきた。

昨夜、Dave N3HEが、強力な信号で呼んできてくれた。QRP・ワイアーアンテナで無線を楽しむには人生は短すぎる、というフレーズをいつも口にするお方だ。30m高の2エレを使っている。シンシナチから、まるでローカル並みだ。

彼は、Google Earthというソフトで、ビッグガンのアンテナファームをのぞきまわっているらしい。Bill N4ARのアンテナも良く見えたと言っていた。Daveは、Billの若い頃からの知り合いのようだ。Billが、まだK4GSUというコールでJohns Hopkins大学の近くに借家を得て出ていた頃を覚えている。1960年代のことだ。彼(Bill)は、ハイゲインの7メガの2エレを上げていたものだ、と言っていた。

ところが、この数年間、Billは、他の趣味に気持ちが移り、殆ど無線をしなくなってしまった。こちらの夕方に、7メガで良く聞こえた彼の信号を聴くことがなくなってしまった。そのことを、Daveもよくご存知だった。

Daveの考えでは、この低い太陽黒点数から脱却し、ハイバンドが活発になってくれば、Billも含めて昔の連中が再び現れるだろう、ということだ。

Billは、むしろ7メガ以下のローバンドに興味を持っていた方なので、その説が当てはまるかどうか、とも思ったが、Billの流麗な信号を再び夕方の7メガで耳にしたいものだ。Google EarthでBillのアンテナファームが残っていることが確認されたし、その時を楽しみに待ちたい。

その後、Bob W6CYXと1029回目の交信。彼のactivityも引き続き低調の様子だ。じっとワッチしていることが多いのも変わらぬ模様だ。交信数はとても少ないらしい。私のことを時折聞いている、と言っていた。改善したCONDXによって、自分がinspireを受け、また活発に交信をするようになれると良いのだが、と言っていた。

この秋にも始まるという新しいサンスポットサイクル、昔の面々を聴くことができるようになるだろうか・・・。期待は強いが、実際のところ、五分五分かなぁ・・・あちらも、こちらも歳を重ねているから・・・。

コメント

日曜日の朝は7026でコールいただきありがとうございました。エレクラフトの社長に直談判しますと申し上げたのですが、KX1の裏蓋にサインをもらって握手して記念写真に納まっていたらそれをすっかり忘れてしまい・・・

Wと1000回QSOって想像を絶します。ほぼ毎日QSOしても丸3年ですから。Leoさんと1年で100回やってギブアップ。最近は週1のラウンドでお会いする程度ですから、このペースだと何十年もかかりますネ。

良く来ていましたよ、KX1にホイップと聞いて、びっくりしました。日曜日、交信なさっていたFISTSメンバーの名前を失念されて、彼から二日酔いかと突っ込まれていたのを聞いてにんまり・・・。

Ericとの件、ラウンドテーブルでも仰っていたのを聞いて、再びにんまりしておりました。さもありなん、と・・・。

ハムフェアではお目にかかれず残念でした。CW教の布教に成功されたことと存じます。また何時かの機会にお目にかかりましょう。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/598-31229936