FC2ブログ

ある市立病院小児科の崩壊 

春日部市立病院から、小児科医がいなくなる。

この規模の入院施設をもった医療機関に、元来いた小児科医は4人。小児ベッド18床、混合ベッド19床はまだ良いとして、NICU13床を4人で動かすのは、さぞ大変だったことだろう。

NICUは、それだけに当直医を置くことが要求されているから、4名の医師は、4日に一度当直についていたのだろうか。それ以外に、これだけの入院ベッドがあれば、一般救急外来・入院患者のための当直・オンコールという夜間業務があったことだろう。

私も大学病院時代にNICUに何度か入ったが、そこでの仕事は、苛烈だった。新生児・未熟児相手の仕事は、短期決戦だ。当直は、まず眠ることができない。日中の仕事を終えてから、レスピレーターとモニターの音が鳴り響く、人出の少なくなったNICUで、夜通し緊張を強いられる業務につく。その翌日も、通常通りの仕事が待っている。担当の赤ちゃんの状態が落ち着かなければ、その日の夜も泊り込みだ。このような労働が、終わり無く続くのだ。

春日部市立病院で仕事を続けてこられた先生方には、本当にお疲れ様でしたと言いたい。先生方が、頑張り続けても、それが当然のこととして特段に評価されなかった。むしろ医療費を削ることだけを政府・官僚は続けてきた。一旦医療事故なり、不幸な転帰の症例にめぐり合うと、訴訟に巻き込まれる可能性は少なくない。先生方の頑張りは、個々の赤ちゃんの生命を助けることはあったかもしれないが、残念ながら、医療環境を改善することは決してなく、むしろあり地獄のようにゆっくりと崩壊へ向かうプロセスを推し進めたに過ぎない。

医師として力を発揮できぬ環境から抜け出すことは、結局は世の中のためになるのだ。


以下、引用~~~

今月限り、小児科を休止 医師2人退職ゼロに 春日部市立病院
07/08/27
記事:毎日新聞社
提供:毎日新聞社
ID:669058


春日部市立病院:今月限り、小児科を休止 医師2人退職ゼロに /埼玉

 春日部市は24日、同市立病院の小児科の新患受け付けを今月限りで休止すると発表した。「小児科医師2人が8月と9月末に相次いで退職し、後任の医師を確保できない」のが理由という。未熟児出産など小児科のフォローが必要な産科の新患も受け入れを休止する。

 同病院は1958年に設立され、2年後に小児科が開設された。小児用ベッド18床、NICU(未熟児室)13室、混合ベッド19床を備えている。小児科は常勤医師4人体制だったが06年に3人となり、今年2月に1人が退職。昼間診療を週3回に縮小し、医師2人で担当してきたが、残る2人も9月末までに退職するという。石川良三市長は「医師確保に全力を挙げ、早期再開を目指す」と述べた。

 県医療整備課によると、県内の小児科の医師は96年の496人から04年は603人に増えた。しかし、小児科を設置する病院は183カ所から137カ所に減り、46病院が小児科を閉鎖した。

 同課は「医師が夜間業務のある病院から診療所、開業医に移っているのではないか」とみている。【栗原一郎】

コメント

きついでしょうね

NICU13床はかなりですね。私もローテで回りましたが、当時のNICUスタッフは、常勤2人、非常勤1人、後は1年目のローテが2人、ブラジルからの研修生が1人でした。

面子でわかるように戦力は実質3人。3人のうち非常勤医は途中で海外留学に行き、その後は実質2人で運用していました。規模は春日部のおよそ2倍です。

二人になった常勤医のシフトは強烈で、オセロオンコールが365日続くスタイルです。またコチコチの主治医制でしかたから、超重症が転がり込むと1週間程度泊り込みも珍しくありませんでした。

超でなくとも中等クラスが断続的に入院してくれば、積み重なる受け持ち数に、悲愴な気配が漂っていたと記憶しています。

当時の病棟で囁かれたのは、新生児の医師は40歳代までが限界だろうと言う声です。技術や経験はともかく、体力が伴わないのがあからさまに見えるからです。

私の経験したところでも厳しかったですが、春日部の条件はそれ以上とも見えます。

先生の経験されたNICUも、規模のわりに人手が少なかったのですね。

ハイリスク分娩に立会うために分娩室に行き、そこですぐ蘇生送管、帰ると入院手続き、処置一式。落ち着くまで、ベッドサイドに張り付き。時には、交換輸血。経皮モニターのセンサー張替えは、3時間おき・・・。悪夢のような日々を思い出しました。あの頃は、夢をもって仕事をしていたのですが、これからの若い小児科医が経験するだろう苦労を思うと胸が痛みます。

春日部は、一般救急も同時にやっていたのでしょうから、忙しさは尋常ではなかったはずですね。退職された先生方には、本当にお疲れ様だったことだと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/599-75f4080c