FC2ブログ

経済格差における不幸の均霑  

日本郵政が、正規雇用と非正規雇用の格差をなくすために、「正規雇用」の住宅手当27000円/月を無くすことにしたと報じられている。非正規雇用の正規化ではない。正規雇用の非正規化である。やはり低い方に合わせることで、格差を是正するのか、と若干の驚きとともに納得した。

非正規雇用は19万人超おり、彼らに住宅手当を出すとすると、月50億円、年で600億円超となる。たしかに、高額である。

しかし、日本郵政の経常利益は1兆円弱。純利益は4000億円超。規模からすると、利益が少ないのかもしれないが、巨大な利益を上げている。

配当性向50%とあるから、約5000億円を株主に配当しているわけだ。そのなかから何故600億円を回さないのだろうか。ごく一部ではないか。・・・やはり、経営者が、株主によって責任を追及されるのを免れるために、非正規雇用の待遇改善のために資金を使うことを躊躇っているのだろう。

とうわけで、非正規雇用という言葉を無くすという安倍首相の施政方針演説の言葉は、正規雇用の非正規化によって実現することになるわけだ。これでは、内需は低迷し、経済成長は夢と終る。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6071-d01e3980