FC2ブログ

政府関係者・官僚への記者会見 

財務省福田前事務次官のセクハラ問題について・・・

この女性記者は、何故福田前次官と一対一で会っていたのか?上司は、どうして記者を庇わなかったのか、という発言がネットで見られる。

それに対する解答の一つが、望月衣塑子記者のtweetで明かされている。

「セクハラ被害を訴えたテレ朝記者の上司は、被害を記者から聞いた際、夜のサシ飲みには「もう行かない方がいい」と助言。記者は暫く行くのを止めていたが、森友の公文書改ざん、財務省の虚偽説明が次々と明らかになる中、取材を進めるため電話に応じ、夜の会合へ。その先で一連のセクハラ被害に遭った。」

さらに別な方のtweetでは、

この記者の上司が、報道ステーションの元ディレクターで、古賀茂明氏が反安倍の論陣を張った時に、官邸の中村格と闘い、ついには左遷された人物であることも判明した。

伊藤詩織氏に対する山口某の強姦容疑の問題で山口某の逮捕を直前に取りやめさせた、中村格は、古賀茂明氏の報ステからの降板を働きかけた人物。そのディレクタ―氏が、このセクハラ問題をもみ消そうとするはずがない。むしろ上層部による、このセクハラ問題のもみ消しを心配して、女性記者にアドバイスをしたのではないか、ということだ。望月記者も、この元ディレクタ―はもっとも尊敬する人物の一人と述べている。

だが、それでも、官僚上層部にこうして個別の取材をしなければならないシステム自体にも問題があるのは事実。記者会見で徹底した取材ができれば、女性記者が官僚に呼び出されて酒の相手をするような取材をしなくても済むのではないだろうか。記者クラブが、しっかり取材対象に対峙していないことが問題なのではないか。さらに、マスコミに、女性記者を利用して他社を出し抜こうとするような意図があるとしたら大きな問題だ。

菅官房長官の定例記者会見を時々見るが、あれは酷い。望月記者のような気骨のある記者を除いて、官房長官に食い込む質問をする記者が皆無。そして、官房長官はまともに答える気が全くない。マスコミの背後に国民がいることを、政府関係者、マスコミともにもっと意識してもらわないと、民主主義が成立し難くなる。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6085-9c3c682e