FC2ブログ

国家は国民を守らない 

「国家の敵だ」と野党政治家を罵った自衛隊幹部がいた。今日になって、「国益を損なうようなことをしている」「気持ち悪い」「ばか」とは言ったが、「国家の敵だ」とは言っていないと言い出した。「国家の敵だ」という発言が、政治的に不穏当だと考え、言っていないと言い出したのだろう。初対面の小西議員に対して、「国益を損なうようなことをしている」「気持ち悪い」「ばか」と罵ったからには、小西議員の主張する通り、「国家の敵だ」と繰り返し言い放ったと考えるべきだ。都合が悪くなると見るや、自分の発言を無いものにする卑劣な態度だ。そのような自衛官が自衛隊の全体であるとは思わないが、自衛隊幹部にそうした人物がいることは大きな問題だ。

歴史を紐解くと、日本軍と政権は第二次大戦末期、直後に、在外邦人を棄民した。卑劣に前言を翻す、この自衛官の言う「国家」は、国民を守らない。国家とは、権力機構と権力に与る少数の人々のことだ。

それを証言する語り部の言葉。望月衣塑子記者のインタビュー記事。

こちら。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6098-384c758e