アマチュア無線、過去、現在、未来 

一昨日、7メガで夜 Jim W6YAに会った。強い信号。VisaliaのDXコンベンションに行き、古い友達、そして新たに知り合った人々とあってきたとのこと。楽しかったようだ。来年は来ないかとまた誘われた・・・。

Visaliaに集った面々のうち、若い人はどれくらいいたか尋ねた。約500名の参加者の内、若い人は2名だけだった、とのことだ。一人は、コンテストで有名なZL4YL、父親(ZL3IOだったか)と一緒に参加したらしい。17歳のうら若き乙女。Jimも、彼女と一緒になれてうれしかったと、本当にうれしそう。このZL3IOと奥様(彼女もハム、ついでに長女もハム)は、元来東ドイツの出身らしい。仕事で成功なさったのだろう。ZLに豪勢なコンテスト局を立ち上げている。ZL4YL、Xeniaという名だったか、は、残念ながらコンテスト専門で、CWの会話はなさらない由。

ZL4YLの話でひとしきり盛り上がったのだが、でも最終的にCWだけでなく、ハム全体が斜陽であることは、Visaliaに参加した面々の年齢からも分かろうというものだ。多くのold timerは、それをもう十分分かっているのだろう。昨夜お会いしたDon WB6BEEも、まったく同じ見解だった。おそらくactiveなハムの平均年齢は60歳後半、もしかすると70歳になっているかもしれない。もう10年もすると、activityはがたっと落ちるはずである。

この高齢化に抗して、若返りを図る対処方法はいくつかある。若い人にアマチュア無線の楽しさを理解してもらうこと。その場合、楽しみが「本物」でなくてはならない。本物とは何かという点で議論もあるだろうが、年月がたっても変わらぬ楽しさである。もう一つ、免許制度の簡素化だ。これは、繰り返すが、JARLと当局のおかげで(皮肉)、逆の方向に進んでいる。思い切った簡素化をしない限り、我が国のアマチュア無線に未来はない。と、すぐにだれでも思いつくことを記したが・・・逆の方向に向かって突き進んでいる。

オンエアーのactivityが下がり、アマチュア無線局数自体も減少する。そして、アマチュア無線機器のメーカーは、輸出を手掛ける企業以外は生き延びることはできないだろう。輸出企業にしても、米国の新興メーカー、さらに中国等のメーカーが市場を独占し、かなり厳しいことになるのではないか。

行き着くところまで行って、その後また自作の機械で愉しむ人だけがアマチュア無線を続けるようになる、ということになるのかもしれない。一旦焼け野原にならないと新しい展望が生まれぬということなのだろう。

かって、アマチュア無線は若い人々の趣味であった・・・わが清瀬アマチュア無線クラブ(もちろん、すでにこのクラブは消滅して久しい)が、高尾山だったか奥多摩に移動したときの画像。このなかで唯一アマチュア無線を続けている、少なくとも免許を切らしていないのは、JA1RHMとexJA1RHL、現VK1ARAのお二人と私だけ。電波を出し続けているのは私だけ。このように若い人々がアマチュア無線に関心を抱くようになる日がまた来るのだろうか。それとも、アマチュア無線が博物館でのみ見られる昔の趣味ということになるのか。

IMG_0005.jpg

コメント

長~いロッドアンテナ、懐かしいです。
ボクも免許取立ての頃、自転車の荷台にハンディを括り付け、勇んで走り回っておりましたっけ。。。

Re: タイトルなし

次の世代を担うakiさん、さぁ、新しいアマチュア無線に向けて歩みだしてください。私は、もう老兵は去るのみです 笑。本当にあと10年、20年したらどうなっているでしょうね。

> 長~いロッドアンテナ、懐かしいです。
> ボクも免許取立ての頃、自転車の荷台にハンディを括り付け、勇んで走り回っておりましたっけ。。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: Ms Ellen WiteとQSOできました

橋本さん

はい、最後の2,3分間聞いておりました。いよ、やっているなぁと思いながら。交信中もsked交信と仰っていたので、メールであらかじめ約束したうえでの交信だったのだろうと思いました。最後に彼女が訊いておられたのは、貴兄のパワーでした。よく飛んで行っているので、どんな設備をお使いなのか知りたかったのでしょう。

貴兄がQRSを彼女に依頼したのですが、彼女は実質的にQRSなさいませんでした。理由は分かりませんが、K3という機械の内部キーヤーだとすると、ファンクションキーを操作しなければならなかったためかもしれません。でも、単語の間はできるだけ空けて打っておられましたね。彼女の場合、高齢でやはりミスキーイングも多少ありますし(でも年齢を考えると驚異的なCW送信能力だと思います)、あの速度以下にはできないようなので、定期的にラグチューを愉しまれるのは、別な方の方が良いかもしれません・・・こんなことを言うと、彼女に怒られそうですが。でも、彼女、とても喜んでおられた様子、キーイングの具合から読み取れました。

今後とも、ご活躍なさいますように。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6107-006eb97e