FC2ブログ

柳瀬氏、国会参考人招致 

昨日、柳瀬氏の国会参考人招致を部分的に視聴した。

彼は、加計学園関係者と面会したことを認めた。特区申請前に、三度。首相秘書官が、官邸で三度も会うこと自体が異様な出来事だと、江田議員から指摘されてきた。そこで話し合われたことは、獣医医師の必要性など一般論だったと言葉を濁していたが、そうして三度面会したこと自体が、最初から加計ありきであったことを示す。今治・愛媛の担当者と会ったことは明言しなかった。これについては、愛媛県知事から厳しい批判のコメントが出されている。

柳瀬氏の国会答弁の記録。

こちら。

彼が唯一、明確に否定したことは、安倍首相からの指示、それに面会後の安倍首相への報告である。これらの、秘書官としては当然行うべき業務を行わなかったということだけは、力を込めて言明していた。秘書官として失格であることを、自ら力を込めて述べる・・・違和感どころではない。これが嘘であり、安倍首相の盾になれと命じられた挙句の言葉であることを強く示唆している。

佐川前理財局長の国会答弁と同じである。

安倍首相は、官僚を犠牲にして生き残ろうと画策している。愚かなことだ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6154-4a049948