FC2ブログ

加計疑惑関係者の国会証人喚問が必須 

先日、柳瀬前首相秘書官が国会に招致され答弁した内容について、あるテレビ番組で片山義博元鳥取県知事が強烈な皮肉を述べていた。

「大臣秘書官を努めた経験から言うと、加計学園や県、市職員に自分独自の判断で会うことはない。上司からも言われてないし、勝手に会って報告もしないのなら、あなたは何やってたんですかと。それ、サイドビジネスですか、ボランティアですか、そんな暇があるんですか」

現愛媛県知事も、県職員の証言書類、柳瀬氏の名刺などを提示して、柳瀬氏の証言の嘘を告発している。4月2日に柳瀬氏に会ったのは、県・市職員3名と加計学園関係者3名のみ。現在加計学園獣医学部学部長をしている人物は、そこにいなかった。柳瀬氏は、この人物が滔々と獣医学医療について述べたと答弁したが、それが嘘であることが判明した。県職員は、後ろでだまっていたのではなく、県の意向を明確に述べた。メモを見ずに述べたらしい。そこで、柳瀬氏から、この件が「首相案件」であると言われた。

あのように滅茶苦茶な柳瀬氏の答弁で幕引きをしようとする政権与党は、言語道断である。

柳瀬氏を含めた関係者の証人喚問が必要である。最初から、関係者全員の証人喚問をすれば、すぐに決着がつくこと。国会を空転させているのは、安倍首相、安倍政権に後ろめたいことがあるからだ。

これは、国の行政統治機構の私物化の重大な問題である。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6167-cb3b066b