FC2ブログ

「国難」に対する政策の検証 

2018年 3月 29日、参議院内閣委員会、少子化・待機児童問題に関して山本太郎議員が質疑を行っている。 

こちら。

昨年、少子高齢化が「国難」だとして、北朝鮮問題とともに争点にして、総選挙を、安倍首相は行った。だが、その「国難」に対する対処が、いかに杜撰なものであるか、が良く分かる。保育士対児童の比率を、緩い国の基準に地域自治体が合わせるように誘導する等、国民のことを考えているとは到底言えない。

また、消費税をすべて社会保障に用いるという安倍首相の選挙公約も虚偽であった。社会保障の発展・安定化には、増収分の55%しか用いられていない。過去5年間で毎年7000億円程度の社会保障予算が削られている。

国会は、国の予算を決め、それが如何に執行されるか検証する場所だ。安倍政権になって、矢継ぎ早に、スローガンだけが目立つ政策が提起されてきた。だが、その効果が十分検証されていない。国家戦略特区等、どれだけ経済浮遊効果があったのか。仲間への利益誘導の隠れ蓑にされていたのではないのか。また、アベノミクスとやらの徹底した結果検証も行わなければならない。安倍首相が繰り返すフレーズ「道半ば」で済まして良いことではない。

山本太郎議員は、よく勉強している。こうした人物を多く国会に送り込みたいものだ。

新潟県知事選挙が始まった。この結果は、当面の国政への影響は大きいものがある。注視してゆきたい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6211-1bc671d9