FC2ブログ

補助金ビジネスの加計学園 


下記の記事によると、加計学園の受け取る補助金は3年間で93億円。その2/3は今治市、1/3は愛媛県が負担する。

今治市の予算712億円からすると、多くはないようにも見えるが、ぎりぎりの財政事情からすると、決して少ない額ではない。今治市が負担する年20.1億円の補助金は、市税211億円の1割強に当たる。

同じような補助金額、市の財政事情の銚子市は、千葉科学大学誘致により、財政が厳しくなった。加計学園の関係者が銚子市市長となり、同市に千葉科学大学を誘致したのだ。その際に、銚子市から、今治市から受けた額に近い補助金を、加計学園は受け取った。その結果、財政がひっ迫した銚子市では、市の公共サービスの値上げが起きている。大学誘致による経済効果も当初の目算の数分の一に過ぎない。銚子市は、第二の夕張になるのではないかと噂されている。

この記事によると、加計学園は、大学を誘致して、他の大学と比べて、多額の助成金を得ている。加計学園系列大学は、四つあるが、岡山理科大学以外は経営が厳しい状況と言われている。この今治市に開学した獣医学部に対する補助金がなければ、今春にも経営破たんする可能性があったと言われている。いわば、加計学園の自転車操業に、税金が充てられた構図である。

その際に、今治市議員に賄賂が渡っているのではないかと言われている。こちら。

中央政界にも、加計学園が賄賂攻勢を行っている可能性もある。自転車操業の加計学園に、こうして公的資金が湯水のように流し込まれているわけだ。

以下、引用~~~

加計学園への補助金を一部カット 愛媛県と今治市
前田智、直井政夫2018年2月17日11時59分

 愛媛県は15日、学校法人加計学園(岡山市)が同県今治市に新設する岡山理科大獣医学部について、県と今治市が学園側に補助する対象額を、約186億4千万円と算定したと公表した。学園名が入った看板などの費用を除き、学園側が示す総事業費約192億円から約5億8千万円をカットした。今治市は半額の約93億2千万円を3年間で補助し、県はうち3分の1の約31億円を市に補助する。

 文部科学省のまとめによると、同学園の獣医学部を除き、2008年度からの10年間で、大学や学部などの開設時に地方自治体が補助金を出した事例は全国で27件。総額は約207億円(予定額ベース)で、1件あたりの平均は約7億7千万円(同)。10億円以上(同)は5件で、最高額は80億円(同)だった。

 今治市は加計学園側に市有地を無償譲渡し、建設にかかる総事業費の半額(最大96億円)を補助する議案を昨年可決。市民からは土地の譲渡や巨額の補助に対して批判が出ていた。

 市が設置した第三者による専門委員は今年1月、学園側の事業費を「問題ない」と報告したが、県と市で公費補助の対象とすべき事業費を協議。その結果、屋上の「加計学園」の看板はPR性が高いとして対象から除外し、会議室の天井に使う高級木材は普通の木材の費用に算定し直して額を減らした。建設工事費も県などが定める材料単価で算定した結果、総額で約5億8千万円減ったという。

 県は3分の1の補助率について「市からの要請や他県の事例を見て決めた」としている。補助は2017~19年度の3年間で実施し、県は15日発表の17年度一般会計補正予算案で約13億9千万円を計上した。

 中村時広知事は15日の記者会見で加計学園への財政支援について、「法的には既に認可され、開学できない状況が生まれたら受験生はどうなるのかとか色んな問題が生じてくる。トータルに考えて、県は今治市をバックアップする立場で決断した」と説明。「公的な単価を超過する金額は減額し、仕様が高級なもの、PR性が高いものは対象外とするとか積み重ねて、6億円は補助の対象にしないと判断した」と話した。

 加計学園の獣医学部新設を巡っては、県と今治市が2007年から計15回、構造改革特区での獣医学部新設を提案したが実現せず、15年6月に国家戦略特区に提案して認められた。安倍晋三首相と学園の加計孝太郎理事長は友人で、選定過程などについて野党が国会で追及している。(前田智、直井政夫)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6230-5fafe780