FC2ブログ

「奄美・沖縄」世界自然遺産への推薦をユネスコは行わない 

5月22日のポストに、沖縄県知事、沖縄平和運動センター議長山城博治氏ら平和団体・運動家が、ノーベル平和賞にノミネートされたニュースをアップした。これは大きな出来事だと思うが、マスコミは殆ど取り上げない。沖縄の米軍基地が縮小、ないし撤退となると、都合の悪い人間が、我が国の政治経済を牛耳っているからだ。

ユネスコが、奄美・沖縄の世界自然遺産登録の登録延期を提言した。米軍基地返還後の沖縄北部が、この地域に含まれていないことが理由だ。詳細は不明だが、米軍基地跡地を含めぬ政府の方針にユネスコが疑義を唱えたということだろう。米軍基地の集中する沖縄の現状に、世界の目が向いていることを示している。それは厳しい視線である。

以下、引用~~~

世界自然遺産、「奄美・沖縄」一時取り下げ表明


2018年05月30日 07時36分 読売新聞

 中川環境相は29日の閣議後記者会見で、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」(鹿児島、沖縄両県)の世界自然遺産への推薦をいったん取り下げる方針を表明した。

 環境省は当初、6月からバーレーンで開かれる世界遺産委員会での登録を目指していた。

 国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の諮問機関は今月初旬、自然遺産としての価値は認めながらも、沖縄島北部にある米軍北部訓練場の返還地が推薦地に含まれていないことなどを理由に、4段階評価で下から2番目の「登録延期」を勧告。環境省はこのまま審議に臨んでも「登録」の決議を得るのは難しいと判断した。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6237-3b3522ce