FC2ブログ

安倍首相退陣に当たって思うこと 

安倍首相の退陣は、既定のことと思っていたが、こんな時期にやるか、という彼の無責任さに対する驚きだけだ。

彼の短かった政権運営については、様々なところで議論されているのでここでは述べない。

彼では決定的に駄目だなと思ったのは、年金問題が民主党議員の指摘で明らかになった、今年の冬に、それを公にすると、国民が不安になるからと言って、情報公開し対策を取ることを拒んだということを知った時だ。

このように、大きな問題が出現したときに、どのように対処するのかというところで、政治家の力量は明らかになる。「美しい国」といった理念を唱えることは誰でも出来る。

彼は単なる二世政治家で、リーダーたる素質がなかったということなのだろう。

彼の辞任を知って、気持ちはむしろ暗くなった。一つには、彼を後継に選んだ、かの小泉前首相の政治は、この後継選出劇に端的に表れているのではないかということだ。その小泉を圧倒的に支持した(今でも、彼が戻ってきて欲しいという声もかなりあるらしい)国民がいたことが、暗澹たる気分にさせる。小泉の行った政治の評価は、やがて時期が来れば自ずから明らかになると思われるが、彼のような一種のアジテーターに国民が踊らされることは、政治に対する無力感を、私の中で増幅させる。

もう一つ、最大野党の民主党が一枚岩ではなく、政策の違いによる政党の再編が起きていないこと。自民党の中も同様だが、民主党は特にそれが酷い。医療問題を突き詰めると、互いに助け合う社会を目指すのか、自立し自己責任で生きる社会を目指すのか、という思想的な問題が根底にあることに気づく。現状では、各党の思想的な立場が曖昧で、我々が自分の判断を、選挙という政治行動で表現する権利が奪われている状況だ。近い将来、それが解消するかどうか、はなはだ心もとない。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

安倍首相は、三世議員ではないかというご指摘を頂きました。岸信介の外孫にあたることは知っていましたが、岸家を継いでいるわけではありませんので、二世でよいのではないでしょうか。いずれにしましても、ご指摘をありがとうございました。

民主党

私も感じております。確かに一枚岩になってないのが現状でしょう。昨年の医療制度改革関連法通過に関して、民主党の郡和子議員が、本会議の中でこの医療制度の問題点を、党として断固戦うと演説されました。(ネット中継)しかし、この事だけに絞り込めば、今の現状のでは取り組む余裕はないでしょう。又、気になるのがマニフェストにも深く言及していないことです。が、何とか民主党に一回希望を委ねて見たいと考えている一人です。

コメントをありがとうございます。

参議院選挙前に、民主党のマニフェストの医療問題に関する記述をざっと読んでみましたが、票を獲得するための政策だけだったので、少しがっかりしました。民主党議員の中には、現状認識をしっかりしている方もいらっしゃるでしょうから、注視して行きたいと思います。郡和子議員という方の主張は聞いたことがありませんので、調べてみたいと思います。

政権交代によって、官僚の支配構造を顕にし、理不尽なものは除くこと、財界一辺倒ではなく、セーフティネットを考えた政策を打ち出すことなどを期待したいと思っています。

丁度、私の選挙区から当選された方です。以前は地元民放のアナウンサーをされていました。子供の保育園の運動会に来賓で来ていました。政治手腕の方はまだ未知数ですね。

異常なバッシングの中

力押しとは言えこれだけ重要法案を成立させたのだから、よくやったと思いますよ。
マスコミも1年くらいはバッシングなどは控え、手腕を見るのが常識かと思っていたんですけどね。
朝日や毎日、ご主人様から誉められているんだろーな。

重要な法案であればこそ、「力任せ」ではなく、慎重に審議すべきだったのではないですか。小泉さんの郵政選挙での圧勝で得られた議席数にものを言わせて、ただごり押ししただけではないですか。

言わずに置こうかと思っていましたが、辞め方が最悪です。辞めるのであれば、参議院選挙直後にすべき。所信表明演説直後、代表質問直前に辞めるのは、無責任すぎます。美しい国といった美辞麗句を並べただけで、自らの職務・言動に責任を取る姿勢が全くない、無能な政治家だと、私は思います。国の首班になるべき方ではありませんでした。それを後継にした小泉前首相の責任も大いにあると思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/625-81d6c310