新潟県知事選でフェークニュース 今後の展望 

まさにposttruth時代の選挙。対立候補に対してこうしたフェークニュースを流して、自派の候補に有利な選挙にしようという姑息な連中は、公職選挙法違反でびしびし摘発すべきだ。

こちら。

花角候補の応援にかけつけた面々がすごい。杉田水脈、青山繁晴、和田政宗等々・・・。

で、結果は、50.9万対54.6万で池田候補の敗北。負けは負けだが、無名の県議が突然立候補して、かなりの善戦だった。自公候補は、政党色を薄める一方、なりふり構わぬ組織選挙それにこうしたフェーク情報を流す選挙を行った。野党共闘が有効であることはある程度示された結果だ。

この花角知事、原発再稼働は必ず行うと思うが、もう一度事故が起きたらどうする積りなのだろうか。原発事故は、起きる可能性があるではなく、必ず起きるということだ。

一方、中野区長戦は、野党共闘候補が現職の保守系候補を大差で破る予想が出ている。保守系候補の多選の問題があるにしても、この勝利は大きい。やはり、野党共闘が有効であることを示した。

最初に述べた、フェークニュースで選挙を有利にしようとする候補陣営には、国民の側からそれを許さないという明白なメッセージを出し続ける必要がある。

今後の地方自治体選挙、来年の参議院議員選挙に向けて、野党共闘、選挙協力を大胆に進めることが大切だ。先は見えてきた。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6293-725ad0b2