財務省、改ざん報告書の矛盾 

6月11日参院での議論。辰巳議員が、財務省の「改ざんに関する報告書」の矛盾を追及している。視聴を強くお勧めしたい。こちら。

改ざんは、佐川前理財局長の虚偽答弁を糊塗するためであり、さらにその背後にいる安倍首相の虚偽答弁、行政私物化を援護するためだった。政府、行政の答弁がいかに逃げ腰であり、真正面から答えないものであるかが手に取るように分かる。

このような改ざん、虚偽答弁は、参議院の歴史のなかで初めてのことという、参議院事務局長の答弁がことの重大さを物語っている。

モリカケはいい加減に仕様、大した問題ではない、という声も聞こえてくるが、それは絶対違う。これを許していたら、法治国家ではなくなる。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6311-606bff60