FC2ブログ

穴見議員ヤジ問題 

穴見陽一自民党衆議院議員が、衆院厚労委員会で受動喫煙対策に関して参考人として発言した長谷川氏に対し「いい加減にしろ」と複数回ヤジった問題。

こちら。

すでに、彼のヤジは批判され、自分のウェブサイト上で謝罪を行う事態になっている。

あまり付け加えることはないのだが・・・彼のヤジの問題は、肺がん末期の患者である長谷川氏が、自分の命を削って時間を作り国会で証言したことに対する敬意の欠如である。

彼は某レストランチェーンの経営者一族であり、受動喫煙が禁止されるかどうかは、彼にとって大きな利害関係にある。また、彼自身が喫煙者であるということも、このヤジを飛ばす直接の動機だったのだろう。

彼が自分のウェブサイトで行った謝罪には、こうある。

「参考人のご発言を妨害するような意図は全くなく、喫煙者を必要以上に差別すべきではないという想いで呟いた。」

喫煙者として差別されるという意識なのだ。だが、差別ではない。正当な社会的な扱いだ。これは、謝罪になっていない。非喫煙者、社会を、そして末期肺がんをおして参考人陳述をした方を、差別する者として非難している。

受動喫煙が、喫煙しない周囲の人間を、あらゆる癌腫の発がん、様々な気道疾患等の発症のリスクにさらすという、確定した事実を知らないのだろうか。彼は、大分のがん研究振興団体の理事をしているのに、である。喫煙者には、他者に受動喫煙を生じさせて良い権利はない。喫煙者は、社会的に、被害を非喫煙者に生じさせる存在なのだ。受動喫煙はゼロにすべき。受動喫煙は、とくに喫煙者家庭の子供たちに大きな害を及ぼす。

ヤジることを「呟く」と自己弁護するのも頂けない。

彼は、元(今もか?)幸福の党信者、日本会議メンバー、いわゆる安倍チルドレンの一人。このような人物しか、政権与党にはいないのだろうか。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6347-12600d75