「利害関係者」の新たな解釈?!  

国家戦略特区とは、特定事業に特例的な規制緩和を与えるスキーム。その運用にあたっては、政官には特段の透明性が求められる。

だが、現在の政権、そしてそれに依存する行政には、そうした注意深さ、潔癖さは、このスキームの実施に当たって関係ないという立場のようだ。

これでは、国家戦略特区が、特定事業者に対する、政権による不透明な利権供与のために使われる・・・実際、そうであることが、加計疑惑で明らかになっている。政権・行政は、それが公になっても、居直っている。これでは、やりたい放題だ。腐敗の温床である。

やがて、内閣が、利害関係者の新しい定義を閣議決定することだろう。

かって、加計学園理事長は、安倍首相には年1億円位使っていると述べていた。夫妻で海外旅行に何度も同伴している。

この政権と行政には、腐敗臭がする。

TBSニュースより引用~~~

内閣府「加計学園は利害関係者にあたらない解釈も」

 出張の際に加計学園の用意した車を内閣府職員が使っていた問題で、野党側から「利害関係者からの車の提供」にあたるなどと指摘された内閣府側は、「利害関係者にあたらないとの解釈もある」という認識を示しました。

 「もう車の提供を受けたということにおいて、倫理規程違反ですから」(立憲民主党 川内博史議員)

 「そもそも利害関係者であるのかどうかということも、まだ我々としては、現在調査して、事実確認をして」(内閣府側)

 「明白な利害関係人じゃないですか。利害関係人にあたらない場合もありうるという判断を、いまだに内閣府はしているということなんですか」(社民党 福島みずほ議員)

 「我々としては、利害関係人にあたらないという解釈もあります」(内閣府側)

 野党側は、2015年8月に当時の内閣府地方創生室次長が愛媛県今治市に出張した際、加計学園の車を使っていたことについて、「無償で利害関係者から車の送迎を受けてはならないと規定されている国家公務員倫理規程違反だ」と指摘しました。

 これに対して、内閣府は「加計学園が利害関係者にあたらないとの解釈もある」という認識を示しました。

 また、当時の出張記録に「官用車」と記されていることについて、内閣府側は「旅費の手続きを行った職員が前例に照らして行ったこと」だと釈明しました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6349-176c0981