安倍首相の人間性の問題 

安倍首相の政治手法、人間性を浮き彫りにする事件。山岡俊介氏がハーバービジネスオンラインに掲載した記事。

こちら。

これが事実だとすると、安倍首相は若いころから、闇の勢力と付き合いがあり、彼らをうまく利用してきたということだ。

近畿財務局の担当者が、決裁文書改ざんを指示されて、悩んだあげく自死した。その改ざんが、政権側からの直接の指示によるものか、「忖度」によるものかは分からない。だが、実質的に財務省全体が、安倍首相の国会答弁によって安倍首相が辞めざるをえなくなるのを阻止しようとしたことは明白。彼の自死に対して、安倍首相は、政治家、否人間として責任がある。だが、『「再発防止」をすることによって膿を出す』ことで、その責務を果たすと述べるのみだ。この膿を出す発言は、日本語としておかしいだけでなく、一人の人間が自分の言説により自死せざるをえなかったことに対する痛切な反省が安倍首相にはない。

闇の勢力であっても、自らの権力を維持拡大するためには利用し、犠牲になる人々への思いやりは全くないという卑劣さ、冷酷さを、山岡氏の報じる事件は意味している可能性がある。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6365-04969f95