FC2ブログ

酒酔い運転とアルコール依存 

秋の交通安全運動が始まった。今朝、仕事場に行く途中、それに帰り道でも、パトカーに捕まった車・運転手を見かけた。せいぜい気をつけなければならない。

今回の道路交通法改正で、酒酔い運転の罰則が厳罰化され、同乗者などにも、責任が負わされるらしい。酒酔い運転で起きる悲惨な事故を思うと、この改正がそうした事故の予防に結びつけば、それに越したことはない。

ただ、気になることがある。酒酔い運転をする者のなかには、かなりの確率で、アルコール依存症の方がいるのではないか。特に、酒酔い運転を繰り返すもの、日中からアルコールを飲むものには、その可能性が高い。その場合、罰則強化だけでは、問題の解決にならない。

アルコール依存症の問題に、社会がもっと眼を向けるべきなのではないだろうか。アルコール依存に陥らざるを得ない、個々の状況に対して、適切な対処をしなければ、問題はさらに深刻化する。厳罰化は、酒酔い運転事故を多少減らせても、事故を起こして被害者を助けることなく逃走するといった悪質化を相対的に増やす危険性がある。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/637-39157b85