FC2ブログ

大学の株式会社化がもたらしたもの 

大学の株式会社化がもたらしたものについて、内田樹氏が記している。

こちら。

小泉政権は、新自由主義経済の発想で、大学を利潤追求の場、そして経済界に奉仕する場にした。それによって、学問研究の力が、大きく削がれた。国力の退縮しているわが国を致命的に弱めることになる。

さらに、行政は、大学への助成金を毎年減らし続け、その一方、競争的資金を導入させた。私立大学研究ブランディング制度もそうしたものの一つ。こうした競争的資金の裏で、官僚は天下り他の利権を貪った。その究極が、文科省局長による贈収賄だろう。犯罪すれすれの利権漁りが、堂々と行われている。同制度により、加計学園系列の二大学に巨額の助成金が下った。こうした犯罪的行為の背景には、安倍政権の腐りきった政官の私物化がある。

何も資源のないわが国にとって、教育が人的資源の源だった。だが、それが私物化され、枯渇しようとしている。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6402-99687686