FC2ブログ

無伴奏組曲2番プレリュード 

今日も、昼休みのチェロのお稽古。

今日は、バッハ無伴奏2番ニ短調プレリュード。しずかに咽び泣くように始まる(あぁ、演歌みたいな表現いたいになってしまうが・・・実際そうなのだ)。やがて、同じ音型のフレーズを、繰り返しつつ、高潮する。途中の終止に入る直前には、激しい慟哭に変わっている。終止の後には、慰めるような、諦観を誘うような静かな旋律が続く。全体を包み込む重音で締めくくられる。

バッハの息遣いと嘆息、そして諦観とを聴くことができる。

バッハが、遠い時代と文化の人間とは思えぬほどに身近に感じられる。これは、音楽を楽しむものの特権だろう。

さて、ヨーヨーマの演奏でも聴きながら、昼休みとするか・・・。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/644-e775651a