FC2ブログ

後期高齢者医療制度の保険料 

いつも参考にさせて頂いている、ブログ「道標Guideboard2.18」からの情報。

後期高齢者医療制度の、国民一人当たりの負担額がおよそ明らかになったようだ。

厚生労働省の試算では;

平均 74000円/年

最高額 50万円/年

しかし、この試算は低すぎると地方自治体が明らかにしている。東京の場合;

96000円から155000円/年

年金を15000円以上受け取っているお年寄りからは、天引きされる。当然、介護保険料も合わせて天引きとなる。

これで完璧な医療介護が保証されるのか。否、決してそのようなことはない。結局、家族が自宅で看取る数十年前の状況に舞い戻るのだ。核家族が増えている今、どれだけの人々が、この制度に耐えられるのか。

老病死は、だれにも確実に訪れる。

多くの医療介護難民が、来年春以降生じる。それは、貴方の家族、貴方自身そして私なのだ。

上記ブログ「道標Guideboard2.18」の内容は既に紹介させて頂いてあるが(ここ)、追加情報もあり是非お読みになって頂きたい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/648-a53b33ba