FC2ブログ

翁長沖縄県知事職務執行困難に 

翁長沖縄県知事が病状が悪化し、副知事を職務代行に指名したと報じられている。

彼は、辺野古の埋め立て承認を撤回するという、最終的な辺野古基地建設反対の意思表示をしたばかりだった。

彼は、もとは沖縄県の自民党幹事長であった方だ。明確な保守の政治家だった彼が、辺野古基地建設に対してこれほどまでに強い反対の意思表示を示し、行動してきた。その背後にある思いに、我々も想像を巡らす必要がある。

国土の0.6%だけの沖縄県に、74%の米軍基地が集中している。沖縄県は、すでに基地依存経済ではなくなっており、基地を返還された方が発展することが明らかになっている。また、1951年からほぼ60年間の間に、米軍関連の犯罪・事故による邦人の犠牲者は、1088名に上る。その大半は沖縄県民である。日米地位協定という不平等条約で沖縄県民は、苦しめられ続けてきた。こうしたことをすべて背負って、彼は県知事として奮闘してきた。

彼の病状の回復を祈りたい。

また、11月に予定されていた県知事選が早められると言われている。翁長現知事の再出馬はかなり難しい状況だろう。反基地という点で一致する政治勢力が、翁知事の思いを受け継ぐ方を候補者として選出してもらいたい。

このブログポストをアップしたころ、翁長知事が逝去されたとの報に接した。こころからお悔やみ申し上げたい。おつかれさまでした。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6525-c36ed39d