FC2ブログ

マスコミの劣化 

マスコミの役割は、権力の監視。

民放の全国テレビで、不十分ながらも政権批判のスタンスを維持してきた、テレビ朝日の報道ステーション、それに昼のワイドショーが、ともに政権よりの色彩を濃くした(濃くなる予定)。前者はプロデューサーが、政権べったりの人物に代わり、後者はMCを担当する人間がネトウヨに人気の人物に代わる。久米宏が報道ステーションのMCをしていた時代から全くの様変わりだ。

政権は、テレビ報道に神経質で、テレビ局に放送内容について注文を度々入れる。今後、国政選挙、国民投票に際しては、それがあからさまになることだろう。放送局も、政府や安倍首相に問題があっても、「両論併記」しかしなくなる。国民には問題の所在が伝わらない。

これは、独裁国家の在り様だ。

(このポストを上げる前に書き加えておきたいのは、マスコミを十羽ひとからげに扱うのは、正当なことではないだろう、ということ。おそらく、右傾化する各組織のなかにあって、上からの圧力に抗しつつ、できる範囲で正しい情報を流そうとしているマスコミ人がいるはず。そうした人々によると思われる番組は、今後とも支持をして行きたいものだ。・・・残念ながら、そうした人々、番組が激減している。)

菅野完氏が、笑いを誘い、それでいて物悲しいtweetをしていた~~~。

菅野完事務所

ボクシング連盟の副会長の記者会見で「忖度が生まれたかも」って発言が出たら、どの記者も「それで許されると思ってんですか!?」と、えらい勢いよう詰めよる。

お前らなんでそれを内閣総理大臣にやれんの?なんで国有地売買での忖度にはそんなに優しいん?なんかビビってるん?それが忖度ちゃうん?

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6527-49dbb866