FC2ブログ

安倍首相等は改憲という牙を剥き始めた 

安倍首相は、改憲に本腰を入れるようだ。

安倍首相は、政治行政を私物化し、公文書改ざんという犯罪行為を官僚に犯させた。さらに、先の西日本豪雨の際に、ぞくぞくと救助を求める声がSNSであふれていたのに、自衛隊員を出動待機させて、自分は総裁選の準備運動として宴会を開いていた安倍首相。彼に、改憲を提案する資格はない。「黙々と献身的に任務を全うする自衛隊員」と自衛隊員を持ち上げる背後には、自らの権力を強大化したいという野望が隠れている。彼は、自衛隊を海外での戦闘行為に参加させる積りだ。自衛隊は、自衛のため、国民の災害救助のために存在する。自衛隊の在り方は今のままで必要十分なのだ。

別な総裁候補石破茂氏は、正直に緊急事態条項を憲法に書き込むことを主張している。安倍首相の背後に居る、日本会議も緊急事態条項を優先して改憲すべきことを述べている。災害時の対策であれば、現在の災害対策基本法等で対応は十分できるのに、災害対策だとして緊急事態条項を持ち出している。彼らの主眼は、実質的な独裁の確立のための緊急事態条項なのだ。緊急事態には、内閣が法律と同じ効力を持つ条例を自由に出すことができるようになる、という極めて危険な独裁条項である。この問題を人々は知るべきだ。

安倍首相、現在の自公与党に改憲させるのは危険極まる。

付けたし・・・北方領土には、経済協力の約束ばかりで、ロシアは軍事基地建設を始めている。この期に及んで、北方領土問題の解決を目指すと言う図太い神経。この6年弱の安倍政権の「業績」をつぶさに検証する必要がある。経済・外交・内政、すべて失敗の連続でしかない。

以下、引用~~~

安倍首相、9条改憲「責任果たす」=自民案、次の国会提出目指す

2018年08月12日 21時45分 時事通信

安倍晋三首相は12日、山口県下関市で講演し、「憲法に自衛隊を明記することで私は責任を果たしていく」と述べ、憲法9条改正に取り組む決意を表明した。また、「自民党としての憲法改正案を次の国会に提出できるよう、取りまとめを加速すべきだ」とも語った。9月の党総裁選で、憲法改正を主要な争点とする考えだ。 首相は、西日本豪雨で自衛隊が行方不明者の捜索や被災者支援に当たったことを紹介し、「黙々と献身的に任務を全うする彼らは日本国民の誇りだ」と述べ、自衛隊違憲論を批判した。 首相は同県長門市で2016年12月にロシアのプーチン大統領と会談したことに触れ、「領土問題を解決し、平和条約の締結を目指したい。日ロの新時代を切り開きたい」と述べ、北方領土問題の解決に全力を挙げる考えも強調した。 【時事通信社】

コメント

非常にご無沙汰しております。「勤務医開業つれづれ日記」の中間管理職です。ステトスコープ・チェロ・電鍵さんもご健在で何よりです。
今回、
【医療崩壊】東京医大入試不正事件を絶望的に語ってみる【福島大野病院・産科医逮捕事件から10年】
https://kaigyou-turezure.hatenablog.jp/entry/2018/08/13/175939
の記事を書いてみました。今後ともよろしくお願い致します。

Re: タイトルなし

おや、懐かしい。コメントをありがとうございます。あの大野病院事件の時に、医療人がネットで声を挙げたのが、今は嘘のように静まり返ってしまいました。私も、リタイアして、関心が専ら政治経済に移ってしまいました。ご紹介いただいたポスト、後で貴ブログに立ち寄り、読ませて頂きます。どうぞお体を大切にお過ごしください。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6540-a499cff1