FC2ブログ

危険、高価なオスプレイ 

オスプレイの事故率が上がっている。それは、気候条件や、人的問題で生じた事故を反映しているという弁明も聞こえるが、それらを含めての事故のリスクということなのではないか。

オスプレイは、米海軍が主導して、ベル社・ボーイング社が開発した軍用機である。ヘリコプターに比べて、高速度で大量の資財・多人数の兵士を運ぶことを目的とする、ティルトローター機である。開発に時間がかかり、総開発費用が2兆円を超し、同規模のヘリコプターに比べて5倍程度の価格になっている。

我が国は、諸外国での導入実績がない時期から導入を決め、すでに17機を購入している。

オスプレイは、現在、我が国の首都圏も含めて全国を飛んでいる。いつ重大な事故を起こし、国民の命を失うか、リスクが高まっている。

以下、引用~~~

MV22オスプレイが嘉手納基地に緊急着陸 奄美大島でもオスプレイ緊急着陸
2018年8月14日 19:37

米軍嘉手納基地を離陸するMV22オスプレイ2機のうちの1機=14日午後6時56分、米軍嘉手納基地
 米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ2機が14日夕、米軍嘉手納基地に着陸した。目撃者によると、緊急車両が待機している様子などが確認されており、何らかのトラブルがあって緊急着陸したとみられる。

 何らかのトラブルが発生し、緊急着陸したのが、着陸した2機両方だったのか、どちらか1機だったのかについては分かっていない。両機とも普天間飛行場所属機とみられる。

 緊急着陸したうち1機が午後5時50分ごろ、もう1機が午後6時半ごろに着陸した。2機ともに午後7時ごろ、嘉手納基地を離陸した。

 同日午後5時20分ごろ、鹿児島県の奄美空港にも所属不明のオスプレイが緊急着陸している。沖縄防衛局や県など関係機関は情報を収集している。【琉球新報電子版】

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6547-725e6f0f