FC2ブログ

「外交のアベ」の実態 

あれだけ高額な軍備を米国から言い値で買いとり、不平等な日米地位協定の改定も言いださず、米国に隷従することに汲々としてきた安倍首相。実際の会談では、トランプ大統領から真珠湾攻撃のことを持ち出され、FTAを迫られていた。日米蜜月ではなく、米国による搾取の始まりだ。これのどこが「外交のアベ」なのだろうか。

安倍首相の意図は、米国に隷従しつつ、戦前の体制へ復帰することだ。この二つの目標は両立しがたいことが分からないのだろうか。トランプ大統領による現在の扱いからすると、やがてこの矛盾する方向性を厳しく指摘される可能性がある・・・それも、交易をからめて、強烈な要求を米国側がするのに合わせて、この矛盾を追及してくることだろう。そこで、安倍首相は腰砕けになり、へなへなと米国への隷属をさらに強めるに違いない。米国は、軍事面で米国へ協力することを求めてくる。安倍首相や、その背後にいる日本会議は、冷戦時代の幻影にまだ囚われている。

以下、引用~~~

時事通信
政府「真珠湾」発言否定に躍起=揺らぐ日米蜜月
時事通信社 2018/08/29 17:55

 トランプ米大統領が6月の日米首脳会談で日本の通商政策をめぐり「真珠湾を忘れていない」と強い不満を示していたとする米紙ワシントン・ポストの報道を受け、日本政府は事実関係の否定に躍起になっている。日米関係の蜜月ぶりを誇ってきた安倍晋三首相の言葉に疑問符が付きかねない内容のためだ。

 「指摘のような事実はない」。菅義偉官房長官は29日の記者会見で、トランプ氏から批判を受けたのは事実か問われると、きっぱりと否定した。同じポスト紙が報じた日朝極秘接触の真偽をただされ、「報道の内容の一つ一つにコメントすることは控えたい」と論評を避けたのと対照的だ。

 ポスト紙によると、トランプ氏が不満を爆発させたのは、首相が史上初の米朝首脳会談を前に日本の考えを伝えようと6月7日にホワイトハウスを訪れた時のこと。トランプ氏はこの席で「私は真珠湾を忘れていない」と発言し、日本の通商政策に「辛辣(しんらつ)な批判」を浴びせた。

 トランプ氏は、米国が牛肉と自動車の輸出を拡大できる2国間貿易協定の交渉に応じるよう要求。虚を突かれた形の首相はいら立った様子を見せ、トランプ氏が発言を終えるのを待って、申し出を断ったという。

 会談後の共同記者会見で、トランプ氏は「貿易の不均衡はかなりの額に上る」と対日貿易赤字に不満を表明するなど多弁だった。これに対し、首相は通商問題には一切触れず、「トランプ氏とは北朝鮮問題に多くの時間を費やした。日米は常に共にある」とアピールしていた。

 トランプ氏との関係を売りの一つにしてきた首相は、9月20日投開票の自民党総裁選に向けた地方行脚でも「日米関係はかつてないほど強固」と繰り返している。首相の訴えの信ぴょう性が揺らぐ中、政府高官は「大統領が日本に不満なんてあるわけがない」と打ち消しに走っているが、日米関係が総裁選の主要な論点になるのは確実だ。 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6601-970e0333