FC2ブログ

原発事故作業員の労災死 原発は存在すべきではない 

事故後であると否と問わず、原発の廃炉作業には、放射能被曝のリスクが伴う。原発というシステムは、放射能被曝を強制される作業員を生み出す。

福島第一原発作業現場では、多重下請けが横行している。多重下請けにより、国から支払われる危険手当がピンハネされ、さらに放射能被曝等の労務健康管理が疎かにされる。

同原発作業員の方が肺がんを発症し亡くなった。彼に対して労災が認定された。それを伝える下記の記事には、すでに4名の方が、白血病等を発症し、労災認定されたと報じられている。今後とも、さらに多くの原発作業員の方が重篤な疾患を発症し、労災認定を受けることが予想される。

労災認定されるからそれで良いと言う話ではない。原発作業には、こうしたリスクを負う方、それにより人生を台無しにされる方がいるということが問題だ。このことだけでも、原発が社会に存在してはならないことを意味する。

こうして社会の下積みで苦労される方々のことを傍観していてはいけない。やがてその立場に我々自身が立たされることになるのだから。

多重下請け関係にある原発事故作業現場の法的問題に関して、和田肇名古屋大学教授の論考。

こちら。

以下、引用~~~

NHK NEWS WEB

福島第一原発 作業員がんで死亡 被ばくによる労災と認定
2018年9月4日 18時23分

東京電力福島第一原子力発電所の事故で、放射線量を測定する業務などにあたっていた50代の男性作業員が肺がんを発症して死亡し、厚生労働省は被ばくによる労災と認定しました。原発事故の収束作業をめぐって、がんで死亡したケースが労災と認定されたのは初めてです。

労災認定されたのは、福島第一原発の事故後、放射線量を測定する業務などにあたっていた東京電力の協力会社の50代の男性作業員です。

厚生労働省によりますと、男性は事故直後から収束作業の一環として放射線量の測定業務などにあたり、その後も3年前まで働いていましたが、肺がんを発症して死亡しました。

厚生労働省は遺族の意向として死亡した時期などを明らかにしていませんが、男性の被ばく線量は合わせておよそ195ミリシーベルトに上り、被ばくによってがんを発症した労災だと先月31日に認定しました。

福島第一原発では、事故以降、これまでに4人の作業員が白血病や甲状腺がんを発症して労災が認められていますが、がんで死亡したケースが労災と認定されたのは今回が初めてです。

福島第一原発では、現在も1日当たりの平均でおよそ5000人が収束作業にあたっています。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6624-e5028a6b