FC2ブログ

北海道の地震のニュースに接して 

朝起きだしたら、北海道で大きな地震があったというニュースが目に飛び込んできた。北海道全域で停電らしい。帯広の友人、そのご家族が無事であることを確認した。北広島市の友人は変わりないだろうか。大きな被害にならないことを祈りたい。

地震活動の活発な時期に入っていることを痛感する。それに、地球温暖化に基づくであろう自然災害も頻繁に、かつ大型化している。我々は、困難な時期に生きることを強いられている。その覚悟を持つことだろう。また、政治は一体何をしているのだろうか。昨日、安倍首相は、自分の総裁選のための新潟訪問に長い時間をかけたが、台風被害の対策会議には15分しか時間を割かなかったという。政治だけで対処できる問題ではないかもしれないが、被災者に手を最初に差し伸べるのは政治の役目だ。

泊原発は、外部電源が来なくなり、非常用ディーゼル発電機でようやく核燃料の冷却を続けているとのこと。ディ―ゼルが機能しなくなったら、福島の再現になりかねない。皮一枚でつながったというところだ。やはり原発はすべて停止なおかつ廃炉にする以外にない。ここでさらなる原発事故が起きたら、この国は再起不能になる。これは、すぐにできること、すぐに行わなければならないことだ。

広域発電供給網もリスクが高い。エネルギー政策全体を見直し、小規模なコジェネレーションを進めることが必要なのではないだろうか。これまでの大資本電力会社の寡占状況は見直すべきだろう。

北海道からのニュースをさらに見守りたい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6627-903a76a5