FC2ブログ

プーチンにしてやられた安倍首相 

シンポジウムの席で、プーチンから、「前提無しの」平和条約締結を今年中に行うことを提案され、安倍首相は、ただニタニタするだけだった。その場で、北方四島の帰属の問題を解決するという前提をしっかり述べるべきだった。安倍首相にはそれができない。

帰国後、プーチンの突然の発言に関して、安倍首相は、プーチンは「平和条約締結に意欲的なのだ」と都合よい解釈を披露した。領土帰属問題を棚上げすること、実際は北方四島は返還しないことをプーチンが公にしたに等しいのに拘わらず、である。

それに対して批判が高まると見るや、16日になって、プーチンがあの発言をした後、裏でわが国の立場を述べたと安倍首相は弁解した。だが、ロシア大統領補佐官に、それを否定されている。もし、安倍首相がプーチンに対して、そうした主張を「裏で」したとしても意味がない。あのシンポジウムですぐに対応する必要があったのだ。プーチンへの批判的見解を本当に述べたのなら、それを帰国後すぐに公表すべきであったが、時間がたってから述べたに過ぎない。これは、安倍首相の作り話である可能性が極めて高い。

強い者には弱く、弱い者には強い。そして、平気でうそをつく。こんな人物が、首相という座に座るべきではない。外交などとてもできない。

以下、引用~~~

9月18日付日刊ゲンダイDIGITAL プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

 ロシアのプーチン大統領が「東方経済フォーラム」の全体会合で突然、「前提条件なしに日本との年内の平和条約締結」を提案した一件。北方領土問題の棚上げを意味し、日本の国益に反するのに、安倍首相は薄笑いを浮かべるだけで反論せず、批判が集まった。

 すると安倍首相は16日、自民党総裁選の討論番組などで、こう言い訳した。

「『領土問題を解決し、平和条約を締結する』との日本政府の基本方針を、発言後にプーチン大統領に改めて伝えた。隣に中国の習近平国家主席がいたから、プーチン大統領はあの発言をした」

 ところが、である。ロシアのぺスコフ大統領報道官は、同じ16日に放映された国営テレビのインタビューで、「実際に安倍氏本人からの反応はなかった」と発言したのだ。

日ロで説明が食い違う。一体、どちらが真実なのかだが、総裁選の討論会で分かるように、安倍首相は追い詰められると口から都合のいい出まかせを繰り出す癖がある。ロシア側はこの件で嘘をつく必要もなく、どう見ても安倍首相の分が悪い。

 筑波大教授の中村逸郎氏(ロシア政治)はこう言う。

「安倍首相がたとえ後から日本政府の方針を念押ししていたとしても、全体会合の場で反論できなかった時点で、もはや意味がありません。あの時、プーチン大統領の提案に会場から拍手が湧き起こりました。会場には日本の外交官やビジネスマン、日ロ以外の外国人もいて、拍手によって、提案が満場一致で採択されたことになるのです。『拍手=承認』は、旧ソ連や中国、北朝鮮など全体主義国家の手法であり、司会者とプーチン大統領によって仕組まれたやりとりだった。せめて安倍首相は、『当然、北方領土問題も最優先課題として含まれますよね』ぐらいの一言をすぐに返せればよかったのですが」

安倍政権は表向き、「条約締結へのプーチン大統領の意欲の表れ」と受け止め、ロシアから正式な提案があれば交渉を始める方針。だが、実際は頭を抱えていて、「軍事基地まで造っている北方領土をロシアが返してくれるわけがないが、交渉に応じなければ、安倍外交の失敗を認めることになってしまう」(自民党ベテラン議員)。

 今後、プーチンが年内締結に向け、ジリジリ迫ってくるのは間違いない。前出の中村逸郎氏は、「あの全体会合が、歴史的に『北方領土が消滅した日』となってしまうのではないか」と言ったが、安倍首相はとんでもない売国奴だ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6677-c64d69b8