FC2ブログ

金融緩和からの出口政策を、安倍政権は次の政権に押し付ける 

我が国の財政状況、その先の見通しについて、緒方林太郎氏がここで記していることが正解だと思う。

こちら。

大幅な金融緩和は、デフレ状況から脱するための一時的な手段であり、それを続けるのは、赤字を先につけ伸ばしているに過ぎない。現在の金融緩和の継続は間違っている。次世代に莫大な負の遺産を残すことになる。

安倍政権は、長くは持たない。次の政権が、今の野党に回ってきたとき、現在の放漫財政の過酷なツケを支払わせられる。野党は、現在の経済財政状況を国民に知らせ、それからどうやって脱却するかの道筋を予め示しておく必要がある。野党に下った安倍首相以下、現在の与党の面々は、金融緩和の出口に待ち受ける過酷な状況を、その時の政権与党に責任転嫁し、口汚く攻撃するはずだ。安倍首相が、先頭に立って、そうした欺瞞的な宣伝を繰り広げる図が今から目に見えるようだ。現在の滅茶苦茶な経済財政運営を見ていると、安倍首相以下政権は、次の政権に泥をかぶらせることを今から画策しているようにしか見えない。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6682-d7ac5716