FC2ブログ

自民党は疑似宗教 

今回の自民党総裁選は、それ自体は殆ど意味のないものだったが、安倍首相がテレビに出て原稿なし、補佐なしで発言すると、滅茶苦茶な対応しかできず、さらに自分にとって都合の悪いことであると、「目が泳ぐ」ほど精神的に不安定になることが、公衆に晒された。それが、唯一の意味だったのだろう。

そうした人物が自民党総裁に選ばれるとすると、それを選び出した自民党国会議員、それに自民党員の責任が後々問われることになる。山口県の安倍首相の選挙事務所では、神社の官職の方が、「安倍首相の選挙ポスター」に向かって、詔を読み上げていた。安倍首相は、疑似宗教の教祖、ないし信仰の対象になったかのようだ。政治が宗教の形態をとる醜悪な関係を見る。自民党は、利権政党であるというのは戦後の政治史を見れば明白だが、このサイコパスかつ無能力な安倍首相を自分たちの代表に選び出すというのは、利権に基づく政党ということだけでは理解できない。やはり一種の疑似宗教なのだ。理性や、正常な判断を超えた彼方にある出来事だ。

第二次世界大戦の際に、国民は、皇国史観にたった軍部に戦争への参画を強制された犠牲者だったかのように述べられることが多いが、特に中国への侵略を進めた際には、国民は熱狂してそれを支持し煽った。あの熱狂は、まさしく疑似宗教であった。それと同根の現象が、安倍晋三という政治家を自らの代表に選び出す、この自民党国会議員・自民党員のなかにある。

森友学園前理事長も、このように語っているではないか。疑似宗教のマインドコントロールから、収監され長い時間を独居房で過ごすと言う経験をしてようやく醒めた彼の言うことは、真実だ。

以下、引用~~~

「うそ言ったらいかん」=安倍首相の街頭演説に籠池被告-自民総裁選

 安倍晋三首相(自民党総裁)が19日夕にJR秋葉原駅前で党総裁選最後の街頭演説を行った際、聴衆の中に学校法人「森友学園」前理事長の籠池泰典被告の姿があった。籠池被告は演説終了後、記者団に「うそは言ったらいかんな。国民をだましたらあかん。全部うそだろ」と指摘した。

 籠池被告はまた、「残念だな。こういう人が首相になるのか」とも語った。演説会場には妻の諄子被告も来ており、「お父さんの言う通りだ」と述べた。(2018/09/19-19:38)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6683-115b76d4