FC2ブログ

FOCQP Sept 2018 

この週末は、FOCのQSO Party。もう競争の催しには出る気が失せているが、数少ないJAメンバーのactivityが低いようなのと、14メガが良さそうなので、出てみた。大体呼びに回ったが、数局から呼ばれた。東海岸まで開けていた。

少し意地になって、なにがしかの近況報告をするように仕向けた。皆さん、古くからの知り合いなので、いろいろと懐かしい話を聞かせて下さる。どの交信も、昔を思い起こさせる楽しいものだった。が、全体的な印象では、やはり高齢化している。交信内容、それに亢進スタイル、キーイングまで、年齢を感じさせる。私がお目にかかった方々は、80歳台の方が結構多かった。話題は、やはり健康問題。それはそれで、楽しい。古くからの知り合いであれば、話されることに一つ一つ相槌を打つことができる。いやぁ、それでも高齢化をひしひしと感じる。

このクラブは、30、40歳台のメンバーはほぼ数えるほどしかいないのではあるまいか。事務局を取り仕切っているG7VJRとかDK7LXとかが例外的な若手だ。FOCに加入することがステータスという迷信に近いCWマンの思いもあり、全世界で500名限定というメンバーが定員割れすることはないのかもしれないが、昔のようにオールマイティなCWオペではなく、やはりコンテスト主体のCWマンに置き換わって行く予感がする。現に、今もそれが進行中だ。

ヨーロッパの知り合いの多くがメンバーを外れるか、SKになってしまった・・・。親しくしていたメンバーは、DL4CF、LA4XX、OZ4UN等々ごく少なくなってしまった。Gの面々では、GW3YDX、G4RCG、G4BUE等々のみ。CONDXの所為もあり、本当にご無沙汰している。今夕、14メガがLP・SPで開けるころに、ヨーロッパに向けてアンテナを振ってみるか・・・。

いつまでFOCのメンバーでいるか先が見えてきた気がする。その時まで、無線で友人たちとおしゃべりする。CWよ永遠にではなく、CWの思い出よ永遠にというところか・・・。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6690-a53dd75b