FC2ブログ

栗の木 

我が家には、栗の木が一つある。直径が40cmは優に超えそうな大木になった。我が家がここに越してきた時に、父が植えてくれたものだった。

毎年、無数ともいえるほどの実をならせる。例年、ごく一部を利用して、他は同じ栗の木の肥料にしていた。今年は、せっせと落下した実を拾い集め、一部はお世話になった方にお送りした。

弟、姉にも昨日送った。それを知らせるメールに記した文章の一部・・・

~~~

渋皮煮をつくるために鬼殻をむいているときに、ふと、この木は父が植えておいてくれたのかと思いだしました。ご存知の通り、彼は実のなる木を大切にしていました。戦争中の飢餓を経験したためか、私がまだ幼児だったころ、うろ覚えなのですが・・・小豆島に、そうした実のなる木による農業を学びに出かけたことがありました。数日父が我が家に不在でした。そして、帰ってきたときのことをまざまざと思いだします。信愛園の前の雑木林から、「三輪車」を肩に担いで帰ってきたのです。その時、如何に幼かった私が喜んだか、その瞬間の思いを今も忘れることができません。

~~~

親の愛情を改めて思い出し、それを彼らと共有したかった。

それに、地球温暖化による食糧難がそう遠くない将来襲ってくるだろうことも、常に忘れるべきではない。

大きく育った栗の木・・・

IMG_4474.jpg


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6693-c9daa375