FC2ブログ

原発再稼働に向けた原子力村の動き 

環境庁が将来の原発を10%程度まで縮小するという目標を掲げたが、通産省の反発で取り下げた、と報じられている。

先の北海道ブラックアウトでは、泊原発の再稼働に利するような意見が方々から聞かれた。まったくもって、ブラックアウトの原因から外れた議論で、再稼働ありきの可笑しな議論だった。泊原発では、外部電源が喪失し、非常用電源で首の皮一つでようやく冷却が維持できたのだ。

原発の許容地震動は700から800ガルである。一方、我が国がかって経験した最大地震動は4022ガルである。わが国が地震頻発国であり、どこで重大な地震が起きるか、残念ながら予測はできない。そのわが国で原発再稼働をしようという、原子力ムラ、電力会社の主張は、原発立地地点で大きな地震は起きないという根拠のないものだ。

原発再稼働は、もっぱら原子力ムラの利権のためでしかない。官邸も通産省官僚が多くおり、原子力ムラの意向をそのまま政策に取り入れている。

原発事故をもう一度経験したら、その地域のみならず、私たちの国が立ち行かなくなる。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6695-84f38e8d