FC2ブログ

AIと病理診断 

AIが病理診断で医師に優ったという記事。

病理診断も、様々な条件下で判断するものであり、例外も多い。なので、AIが病理診断医師にすべて置き換わるという可能性は少ない。診断の補助に利用することになるのではないだろうか。最終的には、精神科的な要素のある診療にはAIは向かないことと、やはり人間が相対するということを捨象するようなことにはならないのではないだろうか・・・。

それにしても、この記事の著者、それにインタビューを受けた方の経歴を見ると、医学部を出て、こうした分野それに報道機関に就職する者が出ることに驚きと、ある種の感慨を抱く。これからは、医学部を出たから、医師になる、医師として一生を過ごすという時代ではないのかもしれない。

こちら。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6700-30d971bc