FC2ブログ

米国とのFTAが始まる 

トランプ大統領との会談で、安倍首相は米国と物品貿易協定TAGの交渉を始めると述べた。農産物の関税引き下げ等が要求されている。一方、米国では、実質的な自由貿易協定FTAのための交渉を日本と開始すると報道されている。こちらはより広範な領域をカバーするもので、サービス業、医療福祉分野、投資分野などを含む。米国での報道が、本当のところなのだろう。

トランプ大統領は、日本のために北朝鮮へ拉致問題を提起したこと等をあげ、今度は日本が米国のために譲歩する番だとtwitterで述べている。農産物のみならず、軍事物資、武器、鉄鋼等の輸入を強制される可能性が高い。中国との貿易交渉で中国への輸出が難しくなった大豆等を輸入させられることになる。

米国への隷従を政治の中心に据えている安倍首相は、トランプ大統領の無理筋の要求に応じることになる。TPP交渉よりも、過酷な条件を飲まされる。農業・医療福祉等の社会的共通資本の分野で我が国の制度が根本的に米国にとって都合よいものに替えられる。TPP絶対反対と言っていた安倍自民党は、国民への約束を反故にして、TPPを通り越して、FTAによって米国への隷従を進める。わが国の社会的共通資本は、米国資本の草刈り場になる。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6712-6c34d922