FC2ブログ

改憲内閣 

安倍首相は、公明党と調整することなく、改憲発議を国会にかけることに決めたようだ。以下のLiteraの記事にもある通り、加藤・稲田・下村という日本会議思想にどっぷり浸かった面々を改憲に関わる役職に就けたことからも、その意欲が見て取れる。

だが、一方、国民投票で否決されることも想定しているようで、つい最近、改憲の国民投票と、政権の信任とは別だと、安倍首相は予防線を張っている。

政権にはしがみつきつつ、改憲国民投票は、一度試しにやってみようかというスタンスである。国民投票を行うことになって、否決されても責任はとらないと今から言っているわけだ。この無責任さだけからしても、首相という職務を任せられない。

改憲をすると言いつつ、改憲の中身が安倍首相の口から全くと言ってよいほど説明されていない。彼が言っているのは、自衛隊を父親に持つ子供さんが虐められるから、憲法に自衛隊の存在を書き込む、ということだけ。そのようなことはあるわけがなく、情緒に訴えるやり方は、安保法制のときに外国で有事に巻き込まれた母子を救うという、あのあり得ない状況設定と同じだ。

安倍首相という人物は、知的能力にかなり問題があり、また議論がまともにできないことが、この数か月の間に明らかになってきた。きっとまともな議論はしないで、改憲に突き進もうとすることだろう。現在の体制で、経済的に恵まれている、電通、そしてマスコミが、安倍改憲を全面的にバックアップする。民放は、改憲の宣伝を限度なく受け入れるとしているので、マスコミが世論を誘導することが懸念される。

現時点で、改憲の最大の問題である、緊急事態条項の導入が殆ど議論されていない。これは、明らかに戒厳令、国民総動員令に匹敵する内容で、少なくとも自民党案では留め金が全くなく、独裁を可能にする。おそらく、自民党は、この条項導入を最後まで隠すか、自然災害絡みで持ち出そうとするはずだ。以前にこの条項の問題点を当ブログでも何度か指摘した。

今後のわが国の進路が決まることになる。

以下、Literaより引用~~~

 数々の疑惑や不祥事、無責任な姿勢によって国民からの不信感も強いこの3人を、なぜ安倍首相は要職に引き立てたのか。言うまでもなく、稲田元防衛相と下村元文科相は筋金入りの歴史修正主義者であり戦前復古主義者である。また、稲田元防衛相と加藤厚労相は完全な安倍首相の言いなりとなる手下のような存在だ。しかも、加藤厚労相はいかにも頭の悪いネトウヨ発言やヘイト発言を自らすることはないが、安倍首相の好戦思想、歴史修正主義的主張を代弁しつつ、そうした安倍政権の本質が国民から危険視されないよう、欧米諸国の反発を得ないよう、どう騙すかを考えるような狡猾さがある。

 つまり、改憲に向けた組織づくりのために、自分の思想を反映する下村を憲法改正推進本部のトップにおき、自らの意向を党と調整させる役目として稲田を、そして国会への改憲案提出のキーマンとなる総務会長に傀儡である加藤を抜擢したのだ。実際、加藤は安倍首相が秋の臨時国会での改憲案提出を目指していることについて、早くも「党の憲法改正推進本部でも議論を深めていく。関心を持って注目しながら対応したい」とコメントしている。

 ネトウヨ大臣が集結した内閣と、戦前回帰を目論む役員が揃ったいま、安倍首相がついに憲法改正に乗り出す──。まさに悪夢のような人事だが、その分、国民に馬脚を露わすのも案外早いかもしれない。本サイトも注意深く目を向けていくつもりだ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6748-e5f7ebd7