FC2ブログ

TAGとFTAをうまく使いこなしている積りか? 

国内には、サービス分野等が含まれぬTAGだと言い、国外には、日米共同声明で示したFTAだと言う。二枚舌である。

なぜ二枚舌を使うのか。疚しいところがあるから。

何が疚しいのか。日本の社会的共通資本を、米国グローバル資本に売り渡すから。

まずは、医療介護制度の自費部分をさらに拡大し、国民の医療介護に充てる蓄えを、米国グローバル保険資本に差し出す。

早速、財務省が「高額薬剤の公的保険除外、後期高齢者の自己負担率2割への引き上げ」を言いだした。

なぜそこまでするのか・・・政権与党が米国によって権威づけられることを望んでいるからだ。外から与えられる権威によって、利権をほしいままにできるからだ。

TBS NEWSから引用~~~

TAGかFTAか、貿易協定で日米の認識にズレか

 先月の日米首脳会談で合意した「TAG=物品貿易協定」をめぐって、日本とアメリカの間で認識のズレが指摘されていることについて、茂木経済再生担当大臣は「日米共同声明で発表されたとおりだ」と述べるに留めました。

 日米で先月、交渉入りで合意した「TAG=物品貿易協定」をめぐり、日本政府は「農産物や鉱工業品など物品に限定して関税の引き下げを話し合う協定だ」と説明、安倍総理も「包括的なFTA=自由貿易協定とは全く異なる」と強調しています。ただ、アメリカのペンス副大統領は先週、「日本と歴史的な自由貿易交渉を始める」と演説するなど、FTAを視野に幅広い分野での自由化を目指す構えを示しています。

 「日米の間で決まっていることは、あの共同声明で発表されたとおりです」(茂木敏充経済再生相)

 これについて、アメリカとの通商交渉の責任者である茂木経済再生担当大臣は、日本とアメリカの間で認識のズレが指摘されていることについて「日米共同声明で発表されたとおりだ」と述べるに留めました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6771-8ecde5d4