FC2ブログ

自民党改憲の意図 

これは、自民党の改憲の意図を明白に述べた同党政治家達の発言をまとめたクリップ。ネット界では有名なもの。

こちら。

これは、彼らの考えの一部を取り上げた揚げ足取りでも何でもない。様々なところで、彼らはこれを繰り返し述べている。

彼らの意図の根本には、国民の基本的人権の抑圧、廃止がある。それによって、個々の国民よりも国家を優先させる国家主義体制を確立する。その国家権力の頂点に自分たちがいる(正確には、皇室に国家権力を代表させるが、実質的には自分たちが国家権力を握る、そして、ここが可笑しなところだが、その背後には支配者としての米国が存在する)という図式。

その構造から、緊急事態条項が当然のように生まれるし、徴兵制も視野に入って来る。憲法9条に自衛隊を書き加えることにより、自衛隊を国軍とし、それを国外での戦闘、戦争に派遣する。戦死者を靖国神社で英霊として奉り、国民を戦争に駆り立てるシステムを完成させる。

彼らは、この望むべき国家体制を実現するために、遮二無二改憲の国民投票に突き進む。

こうした一種の単一価値観の疑似宗教国家を立ち上げるわけだが、その一方で、それを扇動する連中が腐敗している。国民に血を流すことを要求する稲田元防衛相は、自分の息子は戦場に行かせないと述べている。自衛隊員の国民の間での認知を高めるために改憲すると言いつつ、生命を賭して南スーダンで平和維持活動を行った自衛隊員の記録、日報を隠蔽する。個々の自衛隊員のことなぞ全く考えていない。

この改憲が実現したら、この国は亡びる。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6807-7be695c4