FC2ブログ

高プロ制度の嘘 

高プロ制度に関する厚労省の国民への説明が欺瞞であることを、上西充子教授がHARBOR BUSINSS Onlineで解説している。

国会で野党議員相手に政府・厚労省が行った嘘の説明を、今度は国民を相手に行っている、という。

こちら。

「本人の希望に応じた自由な働き方の選択肢を用意」というキャッチフレーズは、派遣労働の規制緩和の際に竹中平蔵が盛んに言っていたのと同じだ。

高プロ制度は、労働者を護る労働基準法という規制を取っ払う。それは専ら経済界からの要望を受けて行われた。労働者のためではない。従って、「本人の希望に応じた自由な働き方の選択肢を用意」というキャッチフレーズは、意味不明なだけでなく、積極的に国民を騙す文言なのだ。

役人の言うことだから間違いはないと思い込んでいると、トンデモないことになる。この政権は、トンデモないことを積極的に行っている。国民の生命をおろそかにすることを、そうとは言わず、国民の健康のためだと嘘をついて行うのだ。

高プロ制度を生み出した産業競争力会議には、かの竹中平蔵が委員として収まっていた。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6822-30ed68df