FC2ブログ

政権によるマスコミ報道現場支配 

NHK大阪放送局の記者が、森友学園疑惑でスクープを報じたことにより、閑職に左遷された。相沢冬樹記者である。彼はそれを良しとせず、NHKを辞し、大阪日々新聞に転職した。こちら。

スクープを報じた記者が、その内容が安倍首相にとり不利な内容だからと懲罰的な扱いを受けた、ということだ。その背後には、やはり官邸からの働きかけがあったらしい。安倍政権の今井首相秘書官から、NHK報道部長 小池氏にクレームが入り、それによって激怒した小池氏が、相沢記者を左遷させた、という流れだ。

NHKの報道現場では、同じ流れで、小池氏の叱責が飛ぶので、戦々恐々としているという。いわば、安倍政権によるNHKの私物化である。

新潮の記事を引用する。

こちら。

この政権からマスコミへの圧力は、NHKだけでなく民放でも行われているはずだ。

積極的に政権になびく上層部がいる反面、政治経済の問題をそれが政権にとって都合悪いものであってもありのままに報じようと努力している現場の人々もいるはず。我々にできることは、問題のある報道にはそれを指摘し、良好なものには褒める声を直接報道機関に送ることではないだろうか。

それにしても、政権によるマスコミ支配は凄まじい。マスコミを支配しようとするのは、独裁政権の特徴だ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6846-5e910eb7