FC2ブログ

サブプライム問題 

が、底の見えぬ深淵のように、口を空けている様子だ。ご存知の通り、米国で、ここ数年間、本来優良な融資先ではない不動産取得層に、強引に融資を行い大きな焦げ付きを起こしている問題である。

そのような融資を債権化し、その債権の不良債権部分を、「薄めて」別な債権に組み込むという連鎖が行なわれているために、この問題が、世界経済にどれほど影響を及ぼすか、まだ見通せない状況らしい。

国内証券会社大手の野村證券が、一頃600億円の損失を出したと報道されていたが、最近の報道では、1000億円以上に損失が膨らんでいる様子だ。他の金融機関も大なり小なりサブプライムで不良債権をつかまされている様子だ。米国の大きな金融機関では、千億円の単位、中東の石油産出国の政府系ファンドは、その以上の桁の不良債権を生じているらしい。ここしばらくは、世界経済に大きな重石になることだろう。特に、上記の通り、影響の波及が何処まで及ぶのかよく分からないことが深刻なようだ。

この状況を見て、米国流の経済体制の脆弱さ、新市場主義の大きな限界を改めて知った思いがする。私は、経済の素人だし、対応策も全く分からないのだが、医療界だけでなく、国際政治でも、国際経済の面でも、新市場主義が不安定で、深刻な問題をはらんでいることを良く理解しておく必要があるように思える。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/685-d0c4d34b