FC2ブログ

CIAは、サウジ皇太子が関与したことを認めた 

サウジアラビア人のジャーナリスト、カショギ氏の斬殺をサウジ皇太子が命令したと、CIAは少なくともこの時点で認めていた。

それをトランプは認めようとしない。サウジへの武器輸出・サウジからの投資が減ることを心配しているからだ。

カショギ氏をトルコにおびき出して殺そうと考えるのは、サウジ政府・サウジ皇室しかないではないか。サウジ駐米大使が、カショギ氏にトルコに行くことを提案し、さらにそれに合わせて、サウジからトルコに15名の暗殺部隊を送る。これが国家的な陰謀でなくて何なのか。

この事件を受けて、ドイツのメルケル首相は、サウジへの武器輸出を全面的に取りやめた。

これまで、サウジのような独裁国家に武器輸出をしていたこと自体が大きな問題だが、これを機会に、サウジの独裁、人権抑圧体制への批判を強めるべきなのだ。

米国は、イラン制裁を主張しているが、それはイランがイスラエルと敵対しているからに他ならない。イスラエルが米国政界に食い込んでおり、米国の政治家がそれによって利権に与っているからに他ならない。批判すべきは、サウジである。

こんな道理の通らぬ、米国政権に隷従していて良いはずがない。安倍首相は、トランプに隷従し、さらにサウジを含めた中東に武器輸出を行おうとしている。

以下、引用~~~

CIA、皇太子の命令と結論=サウジ記者殺害事件-米紙

2018年11月17日 10時59分 時事通信

CIA、皇太子の命令と結論=サウジ記者殺害事件-米紙
サウジアラビアのムハンマド皇太子=サウジ王室が10月24日に公開、リヤド(AFP時事)

 【ワシントン、エルサレム時事】米紙ワシントン・ポスト(電子版)は16日、サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館で殺害された事件で、関係者の話として、米中央情報局(CIA)は、サウジのムハンマド皇太子が殺害を命じたと結論付けたと報じた。サウジ政府は「(皇太子は)全く関係がない」と主張している。

 報道が事実なら、対イランなど中東戦略の柱であるサウジとの関係維持を重視するトランプ米政権が困難な立場に立たされるのは必至だ。

 ポスト紙によると、CIAの判断材料には、皇太子の実弟ハリド駐米サウジ大使とカショギ氏の電話内容などが含まれる。大使は皇太子の指示に従いカショギ氏に電話し、イスタンブールのサウジ総領事館に出向き、結婚の手続きに必要な書類を取りに行くよう求めたという。CIAは殺害の様子を記録した音声をトルコ当局から入手しており、それによると、カショギ氏は総領事館訪問直後に殺された。

 ただ、在米サウジ大使館は声明で「大使はカショギ氏と電話で話したことは一度もない」と述べ、報道内容を否定した。 【時事通信社】

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6908-e20f871b