FC2ブログ

現代の御真影 

facebookで見たのだが、自民党女性部会を開催した部屋の壁に、安倍首相の写真がかけられている。まるで戦前の御真影のようだ。

安倍首相は、行く行くは国家元首になる積りなのかもしれない。

まぁ、国が財政的に持てばの話しだが。

国の財政が持たないことはほぼ確実で、ハイパーインフレないし/かつ預金課税・大幅な増税が来る。その前に、社会保障の財政的な崩壊だろう。社会保障は、徐々に切り捨てが始まっているので、国家の財政破綻はすでに徐々に始まっているのだろう。

これは、私のような素人の見通しではなく、財政・経済の錚々たる専門家の予測するところだ。以前にも言及した、小林慶一郎編著「財政破綻後 危機のシナリオ分析」(日本経済新聞社)である。筆者は、政府の諮問機関にも登場するどちらかと言えば、これまで政府寄りの論陣を張ってきた人物たち。彼らが、このような本を書くこと自体が驚きだった。が、事態はそこまで差し迫っているということだ。本筋から離れるが、医療に関する分析では、社会医療法人を医療機関の典型として取り上げており、まだ財政余力があると記しているが、社会医療法人は公的支援を受けているので、一般の医療機関よりも財政的には恵まれている・・・それでも、カツカツなところが多いのだが。こうしたエコノミストたちの医療機関・医師への悪意を感じないではない。

社会保障のトリアージ、何を最後まで残すか、を議論しておくべきだとある。医療・介護のサービスが、まずは崩壊して行くことが予測されている。ちょうど、ロシアの経済危機では、短期間のうちに、血液透析を受けていた人々が、透析を受けられなくなりすべて亡くなったという事態と同様の事態が起きる可能性がある、ということだ。

荒いシナリオの予測はできても、対処の方法は選択肢がない。大幅な増税、社会保障切り捨てに耐えること。人口減少社会が始まっていることを考えると、そこから脱することはかなり難しいのではないだろうか。

軍備増強、そして安倍を国家元首に頂く、なぞ悪夢というか、冗談そのものだ。御真影の安倍が睥睨する部屋で、彼ら自民党議員たちは何を議論しているのだろうか。軍備増強、規制撤廃でどうやったら利権にありつけるか、という議論か。腐敗した連中だ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6916-2667fd7c