FC2ブログ

いよいよ水道民営化を無理やり実現へ 

繰り返し取り上げてきた問題。水道事業は、大切な社会のインフラだ。その経営権を、グローバルな水道資本に投げ出す、という法案。水道事業は、民営化から再公営化が世界の潮流。それに逆行する愚策。

「水道事業者の経営悪化や施設老朽化に対応する」ために民営化するということは、値上げを容易に行う民間企業に水道事業を丸投げするということだ。「水道事業は深刻な課題に直面している。」というなら、行政がしっかりそれを解決すべきではないのか。責任回避をする積りなのか。

それに、積極的な民営化論者の麻生財務大臣は、親族が水道事業のグローバル企業の役員を務めている。政治へのキックバックがあるのだろう。

政官業の腐敗が繰り広げられ、国民の苦しみの声が聞こえる。

以下、引用~~~

国内政治ニュース(共同通信)2018年11月22日 / 14:47 / 3時間前更新
水道法改正案、参院委で審議入り
共同通信

 7月の通常国会で衆院を通過し、継続審議となっていた水道法改正案が22日、参院厚生労働委員会で審議入りした。水道事業者の経営悪化や施設老朽化に対応するため、地方公共団体が施設を所有したまま、民間企業に運営権を委託できる内容も含まれる。

 根本匠厚労相は趣旨説明で「水道事業は深刻な課題に直面している。早期の可決をお願いしたい」と理解を求めたが、野党側は「(民間企業が運営権を持った場合)料金の値上げや災害時に十分な対応ができない恐れがある」と反対する姿勢を示している。

【共同通信】

コメント

おめでとう御座います

そういえば、私も来年2月に40周年となります。しかし、本年70歳になったと喜んでいましたが、日本人の2人に一人は発病する癌が見つかり、8月中旬に手術、その後転の可能性があるとのことで、6カ月の化学療法を受けています。昨日も4回目の点滴及び薬剤を受け取りました。暫くは自宅でのんびりとアマチュア無線三昧です。

Re: おめでとう御座います

お久しぶりです。そうでしたか・・・どうぞお大事になさってください。化学療法により転移が抑えられることを祈ります。お互い、健康が一番ですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/6921-64845e39